乐活

アーヴィング?ゴフマ时装ンの社会学?ありふれた

字号+ 作者:昌黎时尚网 来源:昌黎时尚网 2019-11-07 我要评论

「君って○○キャラだよね」 「私って○○な人だから」 「ウケ狙ったのにスベった」 皆さんは日々の会話のなかでこん

              「君って○○キャラだよね」

               「私って○○な人だから」

                                                  「ウケ狙ったのにスベった」

皆さんは日々の会話のなかでこんな言葉を聞いた、もしくは使ったことはないでしょうか?

もし「私って○○な人だから」と知人が自分に言ってきたら、内心「知らねーよ」と思うのは私だけでしょうか?

そして「この人そういう風に思われたいのかな」「そういう自分を演出しているだけだろう」と、その言葉の裏にある戦略を見透かそうとするのも私だけでしょうか?

ただ私はよほど仲の良い友人でもない限りこのようなことを口にしようとは思いません。理由は2つ。1つはよく知らない相手にそんなことを言ったら、場の空気を壊す可能性が大であるから。もう1つはこのように「自分を演出すること」は、無意識のうちに私自身もやってしまっていると自覚しているため、それを指摘するとブーメランのように自分に返ってくるのではないかと考えるからです。

このようなやりとりと私の考えは、ありふれたコミュニケーションの一つといえます。そして、そんなありふれた人間のコミュニケーションを研究対象としたのが、今回紹介する社会学者、アーヴィング?ゴフマンです。

ゴフマンは人々のコミュニケーションを「社会的相互行為」とよび、今でいう場の「空気」を「相互行為秩序」と呼んでいます。

ゴフマンの関心は主に2つあります。1つは、この「空気」はどのように形成され、どのように人々に共有され、その場で維持されていくのか。もう1つは、その中で人々はコミュニケーションを成立させるためにどのように振る舞い、その中でどのような「自分」を相手に見せようとし、「自分」自身を作り上げていくのかです。

「コミュニケーション」について考えることは、我々の社会について、そして我々一人一人の「自己」について考えることでもあるといえます。

このややシニカルでちょっと不気味なゴフマンの社会学を通して、我々の「コミュニケーション」について、余計な詮索を入れてみましょう。

アーヴィング?ゴフマ时装ンの社会学?ありふれた

转载请注明出处。

1.本站遵循行业规范,任何转载的稿件都会明确标注作者和来源;2.本站的原创文章,请转载时务必注明文章作者和来源,不尊重原创的行为我们将追究责任;3.作者投稿可能会经我们编辑修改或补充。

相关文章
网友点评
精彩导读